266月

算定基礎について

社会保険料額はどんな方法で決めているのかな?

 

こんにちはsmile♫♫

6月も終わりに近づいてきましたね☂☂☂

あと半月もすれば、夏真っ盛りcool☀✨

 

 今回は『算定基礎』についてお話したいと思います。

この言葉、聞いたことない方が多いかもしれませんねundecided

前回でお話しした「社会保険」に会社で加入しているに方に関係してきます。

 

 実際の報酬と標準報酬月額との間に大きな差が生じないように、7/1現在の

 被保険者及び70歳以上被用者に4~6月に支払った賃金を、事業主が

 「算定基礎届」によって届出し、厚生労働大臣はこの届出内容に基づき

   毎年1回標準報酬月額を決定します。

 決定された標準報酬月額は、原則1年間(9月から8月)収める保険料の計算や、

 将来受け取る年金等の計算の基礎となります。

   http://www.nenkin.go.jp/

  

 ・・・ということで

 賃金額に見合った保険料にするための見直し作業といったところでしょうかwink

  

 

  そして、業務上この4~6月だけ繁忙期にあたり賃金がこの期間だけ高い!!

  それで算定されたら保険料高くなるじゃないyell???

 ってこともありますよね?

 その場合、一定の条件を満たせば年間平均で算定基礎することもあるのです。

 

  他にも固定的賃金が昇給、減給になった場合も一定の条件に当てはまると

 月額変更で算定基礎とは違うタイミングで標準報酬額を変更します。

 

 

  毎月お給料から徴収される保険料って多く感じてしまいますよねcrycry

  でも、このように適切な保険料額になるための見直しはしていることを

  知っておいてくださいね°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°