履歴書テンプレート

Resume templete

履歴書テンプレート

JIS規格の履歴書テンプレート。WordとPDF形式、お好きなほうをダウンロードしてお使いください

履歴書の代表的な書き方

履歴書の参考例と注意点を紹介します。

日付

履歴書を提出する日を記入します。
指定が無ければ西暦で記入します。

名前

「ふりがな」がひらがなで表示されている場合はふりがなで、カタカナで表示されている場合はカタカナで記入します。

電話番号

連絡の取りやすい電話番号を記入します。

年齢

「満~歳」と記述があった場合は、その時点での自分の年齢を記入します。

写真

写真サイズは縦4㎝×横3㎝。
3ヶ月以内に撮ったものを使用するようにします。
写真から人物像をイメージする担当者もいるので、
好印象を与えるようにみだしなみに気を付けましょう。

詳しくはこちら

住所

都道府県名から書き、番地・アパート・マンション名なども省略せずに正しく書きます。
ふりがなの書き方にも注意します。

学歴欄

小・中学校は卒業した年を書き、高等学校以降は入学・卒業両方記入します。
大学・短大・専門学校は名称と学部・学科まで正式名称で記入します。

職歴欄

勤務期間の長短にかかわらず、職歴は全て正確に記入します。
  • 日付

    履歴書を提出する日を記入します。
    指定が無ければ西暦で記入します。
  • 名前

    「ふりがな」がひらがなで表示されている場合はふりがなで、カタカナで表示されている場合はカタカナで記入します。
  • 電話番号

    連絡の取りやすい電話番号を記入します。
  • 年齢

    「満~歳」と記述があった場合は、その時点での自分の年齢を記入します。
  • 写真

    写真サイズは縦4㎝×横3㎝。
    3ヶ月以内に撮ったものを使用するようにします。
    写真から人物像をイメージする担当者もいるので、
    好印象を与えるようにみだしなみに気を付けましょう。

    詳しくはこちら

  • 住所

    都道府県名から書き、番地・アパート・マンション名なども省略せずに正しく書きます。
    ふりがなの書き方にも注意します。
  • 学歴欄

    小・中学校は卒業した年を書き、高等学校以降は入学・卒業両方記入します。
    大学・短大・専門学校は名称と学部・学科まで正式名称で記入します。
  • 職歴欄

    勤務期間の長短にかかわらず、職歴は全て正確に記入します。

資格

普通自動車免許など一般的な資格のほか、応募先企業での仕事に活かせる内容のものは正式名称で記入します。

趣味・特技

面接で、趣味・特技の欄から話が発展することもあるなるべく記入するようにしましょう。

志望動機

今までの経験やスキル等を記入し、自分を採用することで会社いかなメリットがあるか、どのように役に立つことができるかをアピールします。

本人希望記入欄

原則として「貴社規定に準じます」や「貴社規定でお願いします」等と記入します。

アピールポイント

個性や長所などを記入します。
ネガティブにならないようにしましょう。
  • 資格

    普通自動車免許など一般的な資格のほか、応募先企業での仕事に活かせる内容のものは正式名称で記入します。
  • 趣味・特技

    面接で、趣味・特技の欄から話が発展することもあるなるべく記入するようにしましょう。
  • 志望動機

    今までの経験やスキル等を記入し、自分を採用することで会社いかなメリットがあるか、どのように役に立つことができるかをアピールします。
  • 本人希望記入欄

    原則として「貴社規定に準じます」や「貴社規定でお願いします」等と記入します。
  • アピールポイント

    個性や長所などを記入します。
    ネガティブにならないようにしましょう。

派遣顔合わせの流れ

派遣の顔合わせは具体的に何を聞かれるのか流れを紹介します。

1.派遣会社の営業担当者と合流

顔合わせの15~30分ほど前に、派遣先の会社の近くで待ち合わせします。
合流してすぐ派遣先へ行く場合と、その前に営業担当者と打合せをする場合とがあります。
打合せでは話すことや、どういう風に自己紹介をすると良いかなどアドバイスをもらえる事が多いです。

2.入室~顔合わせ

派遣先への入室や挨拶などは基本的に営業担当者が進めるので、後ろについていきながら同じ様に挨拶をしていれば問題ありません。
会議室などの部屋に通されたら、営業担当者と並んで座り派遣先の採用担当者が来るまで待ちます。

3.顔合わせの進み方

まずは、営業担当者がスキルシートを採用担当者に渡すところから始まります。
このスキルシートは採用担当者も事前に見ている事が多いですが、念のため新しいものを用意していきます。
そして、営業担当者が進行をしてくれるので、それに従いながら自己紹介や質疑応答をしていきます。
顔合わせが終わったら挨拶をして退室します。

4.採用結果の連絡

顔合わせでは採用が決まった場合いつから出られるか等聞かれる事がありますが、時給の話やその場で採用の合否が出ることはほぼありません。
顔合わせが終わった翌日以降営業担当者と連絡を取り合い、派遣先から採用決定の結果が出れば、
営業担当者から採用決定と仕事開始が何日からかの連絡が来ます。

自己紹介でのポイント

●まずは名前を名乗り挨拶をします。
 例:「○○と申します。本日はよろしくお願いします。それでは簡単に経歴の説明をさせて頂きます」

●自己紹介では学歴を説明する必要はありません。職歴のみを時系列順に説明します。
 会社名や部署などを上げるだけでなく、そこでどの様な仕事をしていたかを具体的に説明すると話が盛り上がりやすくなります。

●アピールしたいところは具体的な数字や業績などを付け加えて説明する。
 逆にあまりアピールにならない部分は軽く触れる程度で流して問題ありません。

●最後まで話し終えたら分かりやすいように「以上です」で締めくくります。

質疑応答について

使用ソフトや1日の仕事量、忙しい曜日やスケジュールについて確認すると好印象です。
逆に絶対に聞いてはいけない質問が、派遣会社と派遣先の会社の契約に関する質問です。
時給・契約期間・契約終了の条件・正社員になれるかどうか等の質問は避けましょう。
他にも、人間関係や社内の雰囲気・昼休み・残業に関して等働く環境についての質問はしすぎないように気を付ける必要があります。

写真の撮り方

自分の印象を決める履歴書の写真を取る上でのポイントを解説します。

男性の場合

  • 服装
    黒またはネイビーなどのスーツで、
    ボタンダウンでない白のシャツ。
    ネクタイも派手過ぎないものを着用する。
    シャツのボタンが留まっているか、ネクタイが曲がっていないか等も確認する。
  • 髪型
    清潔感を感じさせるように程よく短髪で、ワックスで軽くまとめる。
  • 姿勢
    カメラに対して正対し、背筋を伸ばし軽く胸を張る。
  • 表情
    口は閉じ口角を上げる。
    無表情や笑いすぎ、顎の上げすぎ下げすぎ等気をつける。

女性の場合

  • 服装
    黒またはネイビーなどのスーツで、
    ノージャケットは避ける。
  • 髪型
    髪の毛が目にかからないように、長い場合は耳にかけるか結ぶかする。
    落ち着いた髪色にし、ムラが無いようにする。
  • 姿勢
    カメラに対して正対し、背筋を伸ばし軽く胸を張る。
  • 表情
    口は閉じ口角を上げる。
    無表情や笑いすぎ、顎の上げすぎ下げすぎ等気をつける。
  • メイク
    健康的な顔色に見えるように薄く化粧をする。
    すっぴんやつけまつげ・カラーコンタクト等濃すぎる化粧も避ける。