ブログ

HOMEブログ
備中高梁駅 JR伯備線
2015.08.25

誠に勝手ながら、アメブロに投稿しています。

良かったらご覧ください

ameblo.jp/sssth001/entry-12065674847.html

仙台七夕まつりと露天風呂
2014.08.15
画像画像

 8月に入り、暑い日が続きますね。

各地で夏祭りが繰り広げられますが、弊社のトラベルへルパーも仙台七夕まつりにお客様とともに出かけていきました

ご旅行されたのはT様。スポーツマンでいらっしゃるT様は5月には岡山のキラリンピックで見事金メダルを獲得されたアスリートです

普段からアクティブにお過ごしで旅行もよくお出かけなさるとか。

トラベルヘルパーを知っていただきご連絡をいただいたのが昨年のこと。

それから何度か岡山へのお出かけをサポートさせていただきました。

そして今回初めて遠くへの旅をご依頼いただきました。

行き先は仙台七夕まつりと松島温泉

岡山から新幹線を乗り継いでの長旅です。

1日目ゆっくり目に出発し夕方に仙台へ。

心配していた天気も大きく崩れることはなく夕食後、一番街というアーケードの中を七夕飾りを楽しみながら散策していただきました。

今回トラベルヘルパーはKさん。

彼女は東北にいたこともあり、仙台の七夕祭りも詳しかったので安心でした。

2日目は仙台市内を散策

ループルバスという市内循環のバスがバリアフリーなので利用し青葉城址へ

やはり城はどこへ行っても車いすにとっては難敵。

しかしここは観光スタッフの男性が強力サポート

その後ボランティアガイドさんを頼んで歴史を楽しみながら観光しました。

お昼は地元の人気店で名物牛タンを賞味

午後からは日本三景松島へ移動。

海辺の散歩をしたり行きたいところを相談しながら松島をゆっくり散策。

そして今回の旅のもう一つの目的

ホテル海風土(うぶど)で露天風呂

今回は温泉を楽しみたいというT様のご希望で、海の見える露天ぶろ付きの客室をご用意。

最初は施設の方も温泉は無理では?

と言われていたそうですが、T様のご希望と、トラベルヘルパーのアイデアと努力で無事露天風呂にご入浴いただきました

「入れたが〜」と大喜びのT様。帰ったらしっかり自慢してくださいね。

夕食もとても品数が多くごちそうだったということで念願の松島温泉でゆっくり過ごされました。

2泊3日の旅、無事終えられて早めに岡山へお戻りになりました。

トラベルヘルパーKさんからもこんなコメントが・・・

松島の温泉入浴がしてみたい!ということでしたがお体の状態や、日ごろお世話されている施設の担当者さんからは無理だと思いますとのお話を伺っていました。

しかしT様の協力と努力でお風呂へ自力で移動いただき、私が抱えて湯船にお入りいただくことができました。二人で喜びを分かち合いながらゆっくり松島温泉のお湯に浸かってもらい、私も一緒に足湯の感じで達成感を味わうことができました。

温泉入浴は旅の楽しみでもあり、夢でもありますね。

今回お手伝いが出来、T様の数多い旅の中でも特別な旅になったかと思うと、喜びもひとしおです。

またいい温泉探しておきますね!ご一緒できるのを楽しみにお待ちしています

 

 

 

 

 

画像画像画像
温泉選びのポイント
2014.07.14

最近のご依頼の中で一番多いのは温泉に行きたいというご夫婦の依頼です

やはり、大きな湯船で手足を伸ばすのは気持ちがいいし、何より温泉は体がとっても温まります

温泉の成分にもよりますが、疲労回復には抜群の効果。

手足が温まると少し動かすのが楽になったり、食欲が湧いたり。

気分も晴れ晴れしてきますね

しかし車いすの方をお風呂にお連れする場合、スロープや手すりの有無。

全く歩けない方の場合は、浴場内で使える車いすの有無も大きなポイントです。

露天ぶろ付きのお部屋や家族風呂を手配させていただくことが多いのですが、

その時湯船の形によっては、すごく入りにくい場合があるので要注意

今回お世話になった湯田温泉松田屋ホテルさんの露天ぶろ付き客室のお風呂はかなり良かったのでご紹介します。

写真がその露天風呂ですが、湯船にある程度の高さがあります。

そしてその横に腰かけられるスペースがある、これが一番のおすすめポイントです。

床と同じ高さの湯船が入り易そうですが、足が動かしにくい方の場合は下に座るのが困難。

その時この湯船だと車いすをなるべく近づけて、そこから湯船横に腰かけて頂き、

その後体を回して湯船に足を入れて、中につかる。

これが負担が少なく入れる方法です

部屋付露天風呂もいろんな種類の湯船があります。

HPなので見て指定するか、実際にホテルの方としっかり話をして決めるなど事前の確認をしておかないと、入りにくいものも・・・

たとえば焼き物の壺のような湯船だと腰かけるところも細く、足をかなり上げないと入れないなど、車いす利用者の入浴は困難です。

でも横に腰かけるところが作ってあれば同じ湯船でも楽に入れます

家族旅行で車いすの方がいる場合は、参考になさって見てくださいね。

画像