ブログ

HOMEブログ
下津井みなと祭りに行ってきました
2011.11.22
画像

10月19日土曜日、旧下津井駅跡で行われた、下津井みなと祭りに行ってきました。

この日は下津井電鉄100周年記念サイクリングイベントの日でもあったのですが、前日からの雨で中止となってしまいました。

しかしみなと祭りの始まる15時には雨も上がり、祭りは予定どおり開催されました。

電車の保存会の皆さんが行うイベントで、今年は100周年の記念ヘッドマークがお披露目されました。

私が赤い制服を着てガイドをしていた若かりし頃、定期観光バスに「瀬戸内ゴールデンコース」(何とも時代を感じるネーミングです・・・)というのがあり、よくこの電車には乗っていました。

今でも赤いクレパス号の中には当時のものでしょうか、修学旅行の学生さんたちの落書きが残ります。

この電車に乗ると当時にタイムスリップしますね。

保存会の皆さんのおかげで当時のままの電車が残されているのですね。

ありがとうございます。

また地元をはじめ遠くから下電を見に来て下さった方々もいて、自作の模型なども見せていただいて帰りました。

影響されて、私も下電の鉄道模型を買って帰りました。

 

画像画像
100周年記念日
2011.08.19
画像

去る8月15日、下津井電鉄はこの日で100年目を無事迎えることができました。

100年と一口にいっても長い長い年月、岡山の地元の皆様に支えられてまいりました。

そんな地域の皆様に少しでも感謝を表そうと、100周年の記念日に岡山駅前の清掃活動を行ってきました。

朝8時、噴水前に集合し岡山駅周辺から林原駐車場前、そして西口と、日ごろバスやタクシーがお世話になっている所のゴミを拾って行きました。

社長からの「日ごろの感謝をこめて皆さんに気持ち良い挨拶をしながら清掃しましょう」の言葉を合図にグループ社員で手分けして清掃スタート。

参加者みんな手に手にごみ袋を持って散らばりました。

下電観光バスの皆さんはおそろいのポロシャツで参加

私はうらじゃのときのチームシモデンTシャツを着て頑張りました。

通勤途中の皆さんや、タクシーのドライバーさん達から「ご苦労様」とお声をかけていただきながら約1時間半の清掃活動でした。

あっという間に軽トラックの荷台はごみでいっぱいに

朝からいい汗を流すことができました。

これからの100年も地域の皆様に愛される会社になっていきたいと思います。

皆様これからもどうぞ宜しくお願いします。

画像画像
URAJYA !うらじゃ! ウラジャ!
2011.08.12
画像

うらじゃ祭りにかまけて、ブログ更新サボっていました。すいません。

昨日の女子会でも、更新が少なすぎ!とありがたいご指摘いただきました。

肝に銘じます

さて去る8月7日日曜日、岡山の夏の祭り「うらじゃ」に参加してきました。

今年で18年目を迎えるこの祭り、年々盛り上がって今年は144連の踊り連が参加する盛大な祭りとなりました。

私の参加する下電クループの若葉未来塾のメンバーが中心となり

今年の下津井電鉄100周年を盛り上げるため、老体に鞭打って(?)

踊り連に参加してきました。

シモデンスタッフサービスからは添乗員・ガイドそしてその家族と大勢が参加してくれまして踊りを大いに盛り上げてくれました。

暑いので心配していましたが無事1日頑張って100周年のPRができたと

参加メンバー達成感でいっぱいでした。

皆さんも機会があればぜひ参加してみたら楽しいですよ

 

画像画像
新しい年を迎えましたね
2011.01.22
画像

1月も終りに近づきブログを今頃になって更新している担当者です(汗)

皆様はどんな新年をお迎えになられました

例年になく大雪が激しかった今年のお正月。

我が社のメンバーも数件のキャンセルはあったものの、雪の中頑張って初詣ツアーをこなして帰ってきておりました。

お客様にも、添乗員・ガイドにもけがが無かったのが一番のお年玉でした

さて今年は私ども下電グループの記念すべき年になります。

それは、親会社の社名にある通り、グループの一番の始まりは明治44年に運行が始まった下津井軽便鉄道からなのです。

明治〜大正〜昭和〜平成と4つの時代を走り続けた下津井電鉄は線路の幅がJRよりも狭いナローゲージとして珍しくかつ親しまれて参りましたが、瀬戸大橋の開通とともにその役割を終え廃止となりました。

しかし今でも鉄道の名残りは社名に残り、それから100年という長い歴史はバスへと引き継がれ岡山の皆様の足としてご利用いただいています。

そして「シモデン」という愛称でお呼びいただいているのも、地域の皆様に愛していただいている証しと思うと、感謝の気持ちで一杯です。

100周年のキャッチフレーズは「100年分の感謝を未来へ」

これまで育てていただいた感謝の気持ちを皆様にお返しできるようなサービスづくりに努めて参りますので、どうぞ宜しくお願いします。

 

画像